--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-03-20(Sun)

しばらくやる気なし・・・でした

ブログ完全に放置状態にしてしまってた・・・

と、とりあえず呟いてみる・・・

アイアンマンの記事も続き書かなくてはと思いつつも放置・・・

いいかげん書かなくては・・・

実は今、スチームパンク作品を作ることにはまっている。

このブログ以外にスチームパンクonlyのブログ開設予定・・・FACEBOOKの方がいい?両方?悩み中・・・

・・・・・・・・

いかん、目が痒いぞ・・・花粉症状 Oh my God!

スポンサーサイト
2015-04-17(Fri)

第11回日本橋ストリートフェスタ2015 素敵なレイヤーさん

超遅すぎだけど、レイヤーさんを紹介したいと思います。
とりあえずOK!もらった人だけね!
たいして撮ってないです。

一眼レフ初心者のためピントが合ってなく、あまりうまく撮れなかったです。

今年のストフェスから撮影する側も「参加証リストバンド」ってものが必要だったんですね。
まったく知りませんでした。パンフレット読んでなかったし・・・
だから当然やってませんでしたよ。
知らない人も多いかと思うし・・・。
でも来年からは・・・ぅぅ高い!

レイヤーさんは高い金払ってバンド付けてるんだから、カメラマン側もするべきかなって感じはする。
ただ運営側はそれを監視するのは不可能に近いかな。


画像はリサイズしました。多少は大きくなります。


あこさん(@2_aco)
キャラ名は第9話のとときん(十時愛梨)
IMG_0546.jpg

IMG_0535.jpg

IMG_0559.jpg

よく似合っておられまする。
他にこのコスやってる人はいたのでしょうか?


未凛さん(@mirin_09)
キャラ名は西木野真姫です。
IMG_0192.jpg

IMG_0187.jpg

IMG_0198.jpg

未凛さんは比較的ピントもしっかり合っていてよかったです。


画像サイズ小さくしたので見てくれた人には一眼レフのよさが伝わらないのは残念。
スマソ。





2015-04-16(Thu)

Poser10を起動してみた

購入してあったPoser10をようやく起動してみた。
イラスト描くときのポーズの参考にと買ってあったのである。


いきなり・・・な、なんだこいつは!
半分ガイコツ、意味わかんない・・・
po00000.jpg

これが起動後の画面だけど、こんなのいやだ!
可愛い女の子が良いに決まってるではないか!
どうやってこいつを消すのだ・・・と消しかた分からず、色々探して40分ほど経過したかもしれない。
無駄に時間を消費して、消しかたは実に簡単であった。

フィギュア>フィギュアの消去を選ぶだけ・・・
なんてこったぃ・・・泣きそう(ノД`)・゜・。

ライブラリからロキシーを選んで表示してみた。
サムネイルではおばさんみたいだ。
po00001.jpg
o--k!
と喜んでばかりいられなかった。

さっぱり使い方分からん・・・。
いろいろさわってたら、こんどはフィギュアが画面から消えてしまった。
カメラのリセットかけたらと、リセットらしきものを探してみたけど見当たらない。
そんなこんなで、30分ほど経過したかもしれない。

これまた簡単なことであった。
編集>復元を選ぶだけ・・・もう挫折しそう・・・
リセットじゃねーし・・・。

こんなことでは使いこなせるのか不安である。



2015-04-14(Tue)

Photoshopで星の輝き、その1 ・・・?

フィルタで簡単に作ってみたいと思いますが、ひっとしたら似たような講座はあるかもしれません。
今回は、シンプルな星を作りたいと思います。

1.まずはカンバスを作成しましょう。レイヤー1となります。サイズはご自由に。
Star_t1.jpg

2.黒で塗りつぶして、描画モードはスクリーンにしてください。

3.フィルタ>描画>逆光、明るさ80%、レンズの種類は105mmを選択。
Star_t02.jpg

Altキーを押しながら、黒い画面上をクリックすると「詳細な光源の位置」のダイアログが現れるので、今回カンバスサイズは1000pixelなので1/2の500を入力します。
Star_t03.jpg

そうすると、このように中心に来てくれます。
Star_t04.jpg

このようになります。
Star_t05.jpg

4.フィルタ>ぼかし>ぼかし(放射状)、下の画像のように設定
Star_t06.jpg

Star_t07.jpg

5.レイヤー1を複製(レイヤー1のコピー)
 編集>変形>拡大・縮小で、Shift + Altキーを押しながら、画像の赤丸の部分をクリックしながら大きさを調整します。
 下画像くらいの幅にしてください。
Star_t08.jpg

Star_t09.jpg

そのレイヤーを複製(レイヤー1のコピー2)、横幅はそのままで上と同じようにして、さらに細くします。
Star_t10.jpg

Star_t11.jpg

この2つのレイヤーを結合します。

6.その結合したレイヤーを複製、複製レイヤーを、編集>変形>90°回転して、下のレイヤーと結合します。
Star_t12.jpg

そのレイヤーの描画モードを覆い焼きカラーにします。
この下のタイプはアニメキャラの瞳なんかに使っても面白いかと。
星なんかはスクリーンか覆い焼きカラー(リニア)にしたほうがいいですね。
レベル補正かけてもいいと思います。理想の輝きを作りだしましょう。
Star_t13.jpg

7.下のレイヤー1を選択して、レイヤー>新規調整レイヤー>色相・彩度で、色相・彩度1のレイヤーを作成、その上で右クリックして、「クリッピングマスクを作成」を選びます。
Star_t14.jpg

色彩の統一にチェックを入れて、後は自由に色合いを調整してください。色彩の統一のチェックは外したほうが色合いてきにも変化にとんでいい味を出してくれるかもしれません。
Star_t15.jpg

大小さまざま大量に散りばめる場合は、レイヤーをグループ化しておいてください。描画モードは通過になってるはずです。

次?は、これをベースにして、さらに手を加えてプレアデス星団の元になる仕上がりの星が出来ればと思ってます。


2015-04-13(Mon)

ホットトイズ(Hot Toys)製、アイアンマンのワイヤレス給電化への挑戦。パート2

ワイヤレス給電の最適な実験キット「大人の科学マガジンプラス 電磁実験スピーカー」ですが、いろいろなものに応用出来そうです。

LEDユニットは4つ付属してました。
LED色は、青、赤、黄、緑だったはずです。
赤以外はすべて実験のため解体しました。そのうち2個は改造後アイアンマンに埋め込みました。
i_temp00.jpg

下の写真ですが、透明の球体の中に電力を作り出すためのコイルユニットが入ってます。
防水されてるので水に浮かべても、沈めても大丈夫のようです。
i_temp01.jpg

自分は雑誌のような使い方をするわけではないので、写真のようにLEDユニットの球体は真っ二つです。
これから先、電気に詳しくない人は真似しないようにしましょうね。万が一火災事故とかにつながっても責任負えませんから・・・。
なぜそんなこと書くかと言うと、私が昔、何の知識もないころ恐ろしい体験したからです。
そのトラウマのせいか今だに電気流す瞬間は怖いです。

このLEDユニットについて分かった?ことを書いてみます。
雑誌のほうに回路図は書いてましたが、部品の型番はなかったように思います。
端の黒いのはダイオードです。T4と印刷されてますが、おそらく小信号高速スイッチングダイオードの1N4148と思われます。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-07084/

昔、下のDigi-Keyってところで買ってあったので、T4を思い出して確認したわけです。
http://www.digikey.jp/product-search/ja/discrete-semiconductor-products/diodes-rectifiers-single/1376383?k=1N4148

その隣が0Ωのジャンパー抵抗、そしてLEDで、赤色LED以外はおそらく3.4V前後タイプと思われ、そしてコンデンサですが、0.1μFあたりだと思います。
あまり当てにならないかも・・・。
なので間違ってるようであればコメントよろしく!

まず、LEDユニットのコイルを巻いてるボビンがアイアンマンに埋め込むには、やや大きいので、やや小さめのボビンが手元に2個あったので、線を解いて巻き換えました。それが下の写真です。ぎりぎりだな・・・
i_temp02.jpg

パーツショップに売ってると思いますが、実はこのボビン、壊れたスイッチング電源から取り出したものです。
次にLEDユニット基板からLEDを取り外します。
i_temp03.jpg

このLEDは必要ないので、ポイしちゃいます。
LEDユニット基板がやや大きいので思い切って四角にカットしちゃいます。パターンが途切れたらだめな部分はないので大丈夫でした。
そして、下の写真のように組み替えます。
i_temp04.jpg

ボビンとの接着はエポキシです。
そして、切り出した電極板にプラスになる部分とマイナスになる部分を線でハンダ付けします。
途中の工程は写真を撮り忘れました。スマソ・・・

そして、完成したバッテリーもどきです。
i_temp05.jpg

アイアンマンに入ってた3個のボタン電池を比べたところ
ほぼ同じ大きさに仕上がったので、めでたしめでたしです。
i_temp06.jpg

アークリアクターのライトアップ用電力源はとりあえず出来あがりました。
これでもう電池は必要なくなりました。
セッティング写真
i_temp08.jpg

フタをしたら二度と開ける必要ないのはいいですね。電力が切れることがないですから・・・。
次は、目のライトアップですが次回と言うことで。



プロフィール

buchu

Author:buchu
主にスペースアートを描いてます。
→詳しいプロフィール



ホームページへは下のバナーをクリックしてね!
ホームページに飛びます

pixiv
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
マイストア
SUSURI SUZURI


itaxes
愉快なうさぎたち(Holland Lop Bunnies) カラー名刺入れ
itaxes my shop

Amazonショッピング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。